所蔵一覧

概要

叢書名
子供の科学★ミライサイエンス
書名
宇宙探査ってどこまで進んでいる? 新型ロケット、月面基地建設、火星移住計画まで
著者名
寺薗淳也著
出版者
誠文堂新光社
出版年月日
2019/06
00129207
表紙画像は「紀伊國屋書店」のものを使用しています。
画像をクリックすると紀伊國屋書店のオンラインストアの詳細ページを表示します。

利用状況

詳細

和洋区分
和書
ページ 155p
サイズ 21cm
ISBN 9784416619605
定価 1,400
注記 宇宙探査ってどうやってやるの? 月面着陸に成功したアポロ11号のミッションとは? 有人火星探査はいつ行われる? 宇宙探査や宇宙開発、その中でも特に月・惑星探査について、見開き形式でわかりやすく解説する。 月・火星旅行まであと一歩!月や火星に旅行に行きたいチュータと、物知りミライネコが、月や火星のことをやさしく説明。また、「アポロ計画」を振(ふ)り返ったり、月面基地建設(きちけんせつ)や有人火星探査(たんさ)などの、宇宙(うちゅう)探査の最先端(さいせんたん)もわかりやすく紹介(しょうかい)します。
分類記号1
538 航空宇宙工学
件名 宇宙開発 ウチュウ/カイハツ
内容細目1 〈寺薗淳也〉 東京大学大学院理学系研究科博士課程中退。宇宙開発事業団、財団法人日本宇宙フォーラム、JAXA広報部等を経て会津大学准教授。『月探査情報ステーション』主宰。著書に「惑星探査入門」他。
内容細目1 宇宙探査のこれまでとこれから
内容細目2 Part1 月や火星ってどんな星?
内容細目3 太陽、地球、月、惑星… これが太陽系の姿だ!
内容細目4 月は「7m先にある○○ボール」? 月と地球の大きさ比べ
内容細目5 三日月の欠けている部分が見える? 月の満ち欠けのしくみ。
内容細目6 「スーパームーン」は大きく見えない? 満月の大きさが変わる理由
内容細目1 月は恥ずかしがり? 月が「裏の顔」をけっして見せない理由
内容細目2 表と裏ではまるで別人!? これが月の素顔だ!
内容細目3 [もっと知りたい!]昼と夜が2週間ごとに来る! 地球よりずっと厳しい月の環境
内容細目4 月の裏側にはウサギの王国が!? 月に生き物はいる? いない?
内容細目5 ○○m先にあるグレープフルーツ? 火星の大きさや距離を知ろう
内容細目6 火星の夕焼けは赤くない!? 「赤い惑星」の空の色
内容細目1 太陽系の「最高峰」は火星にある! ダイナミックな火星の地形
内容細目2 小さなジャガイモが2つ? 火星の「月」もおもしろい!
内容細目3 火星人襲来でパニック発生!? 火星に生き物はいるのか?
内容細目4 [もっと知りたい!]月は地球に「落ちている」!? 「重力」ってどんな力?
内容細目5 [もっと知りたい!]重力が太陽や惑星も生み出した! 太陽系誕生の謎を追え!
内容細目6 Part2 宇宙探査ってどうやるの?
内容細目1 望遠鏡で見れば充分じゃないの? わざわざ探査機を送るわけ
内容細目2 いきなり人間は送れません! 探査には「ステップ」がある
内容細目3 300億円は高い? 安い? 探査にかかる「時間」と「費用」
内容細目4 「石橋」は何度もたたく! 探査の準備はこんなに念入り!
内容細目5 ロケットは○○が嫌い? ロケットが飛ぶしくみ
内容細目6 液体でできたロケット? 固体ロケット・液体ロケットってなに?
内容細目1 ロケット開発はどこまで進んでいるか 世界のロケット大公開
内容細目2 銃弾とロケット、どっちが速い? ロケットのおそるべき速度
内容細目3 ロケットは「寒がり」だった? ロケットの発射場が南にある理由
内容細目4 世界各地から続々発射! 世界のロケット射場大公開
内容細目5 宇宙に行けるのは「1%以下」? ロケットの打ち上げは大変だ!
内容細目6 探査機なのに「バス」? 探査機の構造を知ろう!
内容細目1 ただいま活躍中! 世界の探査機たち
内容細目2 大宇宙をひとりぼっちで渡れ! 探査機はどうやって進むのか?
内容細目3 急いで行く? 燃料を節約する? 探査機の軌道の決め方を知ろう
内容細目4 [もっと知りたい!]地球や惑星から「速度」を奪え! スイングバイとはなにか?
内容細目5 [もっと知りたい!]超高温から人やサンプルを守れ! 危険な大気圏再突入
内容細目6 Part3 人類はこんな宇宙探査をしてきた
内容細目1 超大国アメリカを襲ったショック! 宇宙時代の幕開け
内容細目2 「10年以内に人類を月に送る!」ケネディが誓ったアポロ計画
内容細目3 人類初の月面着陸へ! アポロ11号の打ち上げから地球帰還まで
内容細目4 [もっと知りたい!]アポロ計画のすべて
内容細目5 [もっと知りたい!]人類は月へ行っていない!? 「アポロ計画捏造説」に答える!
内容細目6 今度は火星を目指せ! 火星探査の始まり
内容細目1 火星の生命は見つかるか? 探査機「バイキング」の実験
内容細目2 [もっと知りたい!]月や火星だけじゃない! その他の惑星探査(1970〜80年代)
内容細目3 人類は宇宙に興味を失った? 月・惑星探査が下火になった時代
内容細目4 まさか月に○○があるなんて!? 月ブームが再びやって来た!
内容細目5 合言葉は「バック・トゥ・ザ・ムーン」日本も月に探査機を送り込んだ!
内容細目6 こんなにあるぞ! 「かぐや」の観測成果
内容細目1 [もっと知りたい!]「鉛筆ロケット」から始まった! 日本の宇宙開発の歴史
内容細目2 再開されたはいいものの… 火星探査は苦難の連続!
内容細目3 「火星の水」を探せ! 火星に続々と送り込まれる探査機
内容細目4 昔の火星には「海」があった! 今も「川」や「地下の湖」がある?
内容細目5 [もっと知りたい!]凍った表面の下に海が広がる星? その他の惑星・衛星探査(1990年代〜)
内容細目6 [もっと知りたい!]「太陽系の化石」を持ち帰る! 小惑星の探査
内容細目1 将来は民営化? 国際宇宙ステーションの行く末
内容細目2 Part4 みんなも行ける! 宇宙探査の未来
内容細目3 中国もロシアもインドも韓国も! 世界各国が続々と月を目指す
内容細目4 世界初! 月の裏側に着陸成功 中国は月面基地建設を目指す?
内容細目5 月の上空に宇宙基地建設! 巻き返しを図るアメリカだが…
内容細目6 ピンポイント着陸を目指せ! 日本初の月着陸機「スリム」とは?
内容細目1 [もっと知りたい!]超ミニ探査機から「縦穴」調査まで日本独自のさまざまな月探査計画
内容細目2 夢の「月旅行」ももうすぐ! 民間人も月へ行ける時代が来た!
内容細目3 宇宙は「ビジネス」の場だ! 民間企業による宇宙開発計画
内容細目4 [もっと知りたい!]月で働く! 月で暮らす! 月面基地をどうやってつくる?
内容細目5 10年後か20年後- 君も月面で暮らしているかも!?
内容細目6 月は単なる中継地、「本命」は火星! 各国・民間の火星探査計画
内容細目1 [もっと知りたい!]「火星の石」から生命が見つかる? 各国の火星探査計画
内容細目2 ついに人類が火星に降り立つ! 有人火星探査はいつ行われる?
内容細目3 火星を「第2の地球」に変える! 人類は火星に移住できるのか?
内容細目4 [もっと知りたい!]月・火星以外もあるぞ! その他の太陽系探査計画
内容細目5 本書の終わりに- 夢から一歩抜け出そう

所蔵一覧

所蔵1 冊
  • 1
    資料区分

    図書

    保管場所コード
    展示土曜講座
    請求記号
    538
    著者記号