所蔵一覧

概要

叢書名
岩波ジュニア新書 767 <知の航海>シリーズ
書名
中東から世界が見える イラク戦争から「アラブの春」へ
著者名
酒井啓子著
出版者
岩波書店
出版年月日
2014/03
00114195
表紙画像は「紀伊國屋書店」のものを使用しています。
画像をクリックすると紀伊國屋書店のオンラインストアの詳細ページを表示します。

利用状況

詳細

和洋区分
和書
ページ 4,216,14p
サイズ 18cm
ISBN 9784005007677
定価 840
注記 関連年表:巻末p10〜12 文献:巻末p13〜14 なぜ「アラブの春」以後も、中東の混乱は深まるのか。運動の中心である若者たちは、なにを求めるのか。「外圧」「宗教」「若者」の3つのカギから、アラブを読み解く。 デモによって独裁政権を倒した「アラブの春」から数年。中東地域はますます混乱し、テロや内戦が続いている。なぜそんなことになったのか。国際社会や宗教は、どう関係したのか。また、中東政治のカギを握る若者たちは、デモや戦場で何を求めて動いているのか。中東問題を「ちゃんと」知りたい人のためのはじめの一冊。
分類記号1
312 政治史・事情
件名 アラブ諸国-政治・行政 アラブ/ショコク-セイジ/ギョウセイ
内容細目1 〈酒井啓子〉 1959年生まれ。イギリスのダーラム大学(中東イスラーム研究センター)で修士号取得。千葉大学教授。専攻は、イラク政治研究。著書に「イラクとアメリカ」「イラク」など。
内容細目1 序章 イラク戦争から「アラブの春」へ
内容細目2 第1章 アラブに民主主義はやってくる?
内容細目3 1 「アラブの春」が始まった
内容細目4 2 アラブでは民主化は起きないと思われていた
内容細目5 3 イラク戦争と「民主化」
内容細目6 4 「アラブの春」の混沌と外圧
内容細目1 5 軍への依存
内容細目2 第2章 イスラームと政治
内容細目3 1 宗教が国を割る?
内容細目4 2 イスラーム主義はなぜ生まれたか
内容細目5 3 イスラーム政党の台頭
内容細目6 第3章 中東の若者が目指すもの
内容細目1 1 若者たちのフラストレーション
内容細目2 2 なぜ若者が「テロ」に走ったのか
内容細目3 3 新たな運動の形成
内容細目4 終章 日本とアラブ
内容細目5 あとがき
内容細目6 参考文献
内容細目1 関連年表
内容細目2 アラブ・中東諸国 国別紹介
内容細目3 地図

所蔵一覧

所蔵1 冊
  • 1
    資料区分

    図書

    保管場所コード
    展示土曜講座
    請求記号
    312
    著者記号