所蔵一覧

概要

書名
こどもブッダのことば 悩みや不安にふりまわされない!
著者名
齋藤孝監修
出版者
日本図書センター
出版年月日
2017/09
00127562
表紙画像は「紀伊國屋書店」のものを使用しています。
画像をクリックすると紀伊國屋書店のオンラインストアの詳細ページを表示します。

利用状況

詳細

和洋区分
和書
ページ 71p
サイズ 21cm
ISBN 9784284204040
定価 1,500
注記 自分のこころをしっかりと見つめ、まわりの人と協力しながら、前を向いて、充実した人生を生きるためのチカラを与えてくれる-。そんな「ブッダのことば」をこども向けに超訳。イラストを交えてわかりやすく紹介する。 目標を達成したいとき。悪口をいいたくなったら。友だちきずつけてしまった。夢をかなえたい…。いろいろな場面で、どのように考え行動すべきかを決断するヒントがつまった「ブッダのことば」を24えらび、「こども訳」をしてわかりやすく紹介(しょうかい)。イラストもたくさんのっています。
分類記号1
183 経典
件名 経典 キョウテン
内容細目1 はじめに
内容細目2 この本の読み方
内容細目3 コラム1 ブッダってどんな人? その1 〜どこで生まれたの?〜
内容細目4 第1章 自分のこころを見つめるチカラ
内容細目5 よいことをするひけつ
内容細目6 善をなすのを急げ。悪から心を退けよ。善をなすのにのろのろしたら、心は悪事をたのしむ。
内容細目1 目標を達成したいとき
内容細目2 たとえためになることを数多く語るにしても、それを実行しないならば、その人は怠っているのである。
内容細目3 つい悪さをしてしまった…
内容細目4 「その報いはわたしには来ないだろう」とおもって、悪を軽んずるな。水が一滴ずつ滴りおちるならば、水瓶でもみたされるのである。
内容細目5 失敗なんて忘れたい!
内容細目6 まことではないものを、まことであると見なし、まことであるものを、まことではないと見なす人々は、あやまった思いにとらわれて、ついに真実に達しない。
内容細目1 どうすれば成長できる?
内容細目2 自己こそ自分の主である。他人がどうして(自分の)主であろうか? 自己をよくととのえたならば、得難き主を得る。
内容細目3 おとなになるって?
内容細目4 頭髪が白くなったからとて<長老>なのではない。ただ年をとっただけならば「空しく老いぼれた人」と言われる。
内容細目5 1人きりはイヤ!
内容細目6 ひとり坐し、ひとり臥し、ひとり歩み、なおざりになることなく、わが身をととのえて、林のなかでひとり楽しめ。
内容細目1 コラム2 ブッダってどんな人? その2 〜なにをしたの?〜
内容細目2 第2章 人となかよくするチカラ
内容細目3 悪口をいいたくなったら…
内容細目4 人が生れたときには、実に口の中に斧が生じている。ひとは悪口を語って、その斧によって自分自身を斬るのである。
内容細目5 人の失敗が許せない!
内容細目6 他人の過去を見るなかれ。…ただ自分の(なしたこととなさなかったこととについて)それが正しかったか正しくなかったかを、よく反省せよ。
内容細目1 やられたらやり返す!?
内容細目2 実にこの世においては、怨みに報いるに怨みを以てしたならば、ついに怨みの息むことがない。怨みをすててこそ息む。
内容細目3 やさしい気もちをもちたい
内容細目4 ここに誓えば1本の松明の火があり、数千百人が[それをわかちあっても]もとの火は少しも減ったりすることがない如く、福もまたその如きものである、と。
内容細目5 欠点を注意された!
内容細目6 [自分の過ちを教えてくれる]聡明な人に会ったならば、その賢い人につき従え…そのような人につき従うならば、善いことがあり、悪いことは無い。
内容細目1 ほかの人と意見がちがうとき
内容細目2 他(の説)を、「愚かである」、「不浄の教えである」、と説くならば、かれはみずから確執をもたらすであろう。
内容細目3 コラム3 「ブッダのことば」ってどんなもの?
内容細目4 第3章 前向きに生きるチカラ
内容細目5 うまくいかないことばかり…
内容細目6 ものごとは心にもとづき、心を主とし、心によってつくり出される。もしも汚れた心で話したり行なったりするならば、苦しみはその人につき従う。
内容細目1 自分の行動に迷ったら?
内容細目2 もしも或る行為をしたのちに、それを後悔して、顔に涙を流して泣きながら、その報いを受けるならば、その行為をしたことは善くない。
内容細目3 友だちをきずつけてしまった…
内容細目4 以前には悪い行ないをした人でも、のちに善によってつぐなうならば、その人はこの世の中を照らす。-雲を離れた月のように。
内容細目5 どうしてこんなに切ないの?
内容細目6 「これはわがものである」また「これは他人のものである」というような思いが何も存在しない人[そうした人は]「われになし」といって悲しむことがない。
内容細目1 だれも賛成してくれない!
内容細目2 諸々のことがらについて常に理法に従って行い、諸々の生存には患いのあることを確かに知って、犀の角のようにただ独り歩め。
内容細目3 悩みや不安で苦しいとき
内容細目4 「一切の形成されたものは無常である」(諸行無常)と明らかな知慧をもって観るときに、ひとは苦しみから遠ざかり離れる。
内容細目5 コラム4 「ブッダのことば」は、どんな人に親しまれてきたの?
内容細目6 第4章 充実した人生をすごすチカラ
内容細目1 しあわせに生きるとは…
内容細目2 「一切の形成されたものは苦しみである」(一切皆苦)と明らかな知慧をもって観るときに、ひとは苦しみから遠ざかり離れる。
内容細目3 夢をかなえたい!
内容細目4 つまらぬ快楽を捨てることによって、広大なる楽しみを見ることができるのであるなら、心ある人は広大な楽しみをのぞんで、つまらぬ快楽を捨てよ。
内容細目5 ほしいものがたくさんある!
内容細目6 足ることを知り、…聡明で、高ぶることなく、諸々の(ひとの)家で貪ることがない。
内容細目1 立派な人になりたい!
内容細目2 あたかも、母が己が独り子を命を賭けても護るように、そのように一切の生きとし生けるものどもに対しても、無量の(慈しみの)こころを起すべし。
内容細目3 自分の人生をどう生きる?
内容細目4 生れによって<バラモン>となるのではない。…行為によって<バラモン>なのである。
内容細目5 日本語になったブッダの教え
内容細目6 おわりに

所蔵一覧

所蔵1 冊
  • 1
    資料区分

    図書

    保管場所コード
    閲覧室31
    請求記号
    183
    著者記号